笑うことはなぜ大切!?ストレスを遠ざけるために


笑うことを意識すればストレスは解消する

よく笑う習慣のある人はストレスが溜まりにくいことがわかっています。逆にほとんど笑わない人はストレス耐性が低く、すぐにストレスを感じたり、溜め込んだりする傾向があります。最近笑っていないという人は、自分が楽しいと思えることを見つけてみましょう。笑うためには気持ちを前向きに傾ける必要があり、負の感情の引き金となる習慣は取り除いていくことが重要です。どうしても楽しいことが見つからないという人は、つくり笑いから始めてみてください。例えば会社の同僚が冗談を言ったとき、おもしろくなくてもとりあえず笑ってみます。それにより笑う習慣が身につき、本当に楽しい気分になれることが多いのです。

笑顔になれる人間関係を構築しよう

合わない人と付き合っていると、こころが疲れてストレスが溜まるでしょう。ストレスを溜め込みにくい人は、ストレスを遠ざけるのが上手な人でもあります。具体的には楽しいことを追求し、嫌なことは避ける人です。仕事であれば付き合う相手を選ぶことは難しいですが、プライベートなら可能でしょう。ストレスを遠ざけるには、まずは相性のよい人とだけ付き合うことです。この人と一緒にいると楽しい、自然と笑顔になれる、といった相手を見つけましょう。気軽に冗談を言い合って笑える相手がいれば、それだけで気持ちに余裕が生まれます。プライベートにおいて付き合う人間は、すべて自分で決めても問題ありません。好ましくない人間関係は切って、よい人間関係だけを築きましょう。

品川の心療内科には、オンライン受診システムを用意している所があります。自宅からカメラ機能付きのパソコンを使って、医師の問診を受けることが出来ます。